<Orfeld Guitarsの価格変更のお知らせ>
この度、2018年4月1日より、下記の価格へ値下げさせていただきます
AMBER ¥350.000-  ELLIE ¥380.000-  EMELI ¥420.000-
尚、詳細、その他に関しましては販売店までお問い合わせください。
宜しくお願い致します

日本初入荷となるこのOrfeld(オーフェルド)というブランドに関しての情報は少なく、その全貌は明らかになっていない。ただ一つ明確になっている事は、ブランドが掲げる目標⋯⋯それは「顧客と私たち、その日々の生活の中に“ロックンロールの精神”を根付かせる(忘れさせない)為に、意味のある楽器を発信していくこと」だと言う。そう、スピリットとしての「ROCK」を忘れないためのギター⋯⋯なんとも気になるコンセプトではないだろうか?

今回はそんなオーフェルド・ギターから3本のモデルをレビューした。メインとなるのはEmeli(エミリー)と名付けられたセミホロウ・モデル(彼らの製作するギターは全て女性の名前が付けられている)だ。コリーナ・ウッドにマホガニーを挟んだボディにメイプル・ネックというボディ・マテリアルのコンビネーションがすでに個性的だが、さらにセミホロウ構造であること。そして板バネ・チューン“オー”マティック・スタイルのブリッジを組み合わせるという、なんともミクスチャーなスペック。ともすれば「全部盛り合わせ」ならではの「落とし所が付きにくい楽器」に仕上がりそうであるが、その心配は無用だった。動画でも確認してほしいが、サウンド面では豊かな倍音とミッド・レンジの存在感、そして楽器自体の鳴りと、バランスの良さが感じられた。

Pic
Orfeld Guitars / Emeli

まずはアンプラグでの音のキャラクターを決めるマテリアル、コリーナ材のミッド・レンジの存在感が際立っている。加えてセミホロウ構造のボディが生むレゾナンスが、ほど良くサウンドを拡散する印象。メイプル・ネックは極薄の塗装で仕上げられており、ハンドメイド・ファニチャーの様な質感が全体から漂う。質感だけでなく、音もネイキッドな雰囲気だ。動画撮影に入る前、30分ほど弾いただけで楽器が目を覚ました印象で、グッと押し出される様なトーンを感じる。

ブリッジ周りも個性的で、このスタイルならビグスビーをマウントするのが「それっぽい」と思うのだが、あえての板バネ・トレモロ+チューン“オー”マティックというスタイル。このチョイスのおかげでビンテージ・フィールなテンション感とサステインの雰囲気が味わえる。これは面白い。そしてボディにはもう一つのポイントが。そう、エングレーブ(彫金)が施されたアルミのピックガードだ。この装飾はサウンドにも大きく影響を与えている。特にアタック音の存在感はこのピックガードのおかげだろう。

エレクトロニクスはCoils Boutique社のカスタム・ワウンド・ピックアップを搭載。ネック側にはファットな傾向のソープバー、ブリッジ側にはフィルタートロン・スタイルに見えるが純粋なハムバッカー・タイプのピックアップを搭載している。このコンビネーションは思いの外使い勝手が良く、ストレートアヘッドなジャズからギンギンのロックンロールにまで対応してくれる。ピックアップ・セレクターは4WAYタイプで、ネック・ピックアップ、ネック+ブリッジのパラレル接続、ブリッジ・ピックアップという一般的な3パターン切り替えに加えて、ネック+ブリッジのシリーズという選択も可能だ。シリーズ接続はリード用に最適だろう。また、ボリューム・ノブを引き上げるとフェイズ・アウト・サウンドも楽しめる。この辺りの詳細は動画で確認してみてほしい。

  • Pic
    ロック・タイプのクルーソン・ペグがマウントされたスリムなヘッドストック。立体的な造形も印象を強める。
  • Pic
    貼りメイプルの指板。Rは12インチ(約305mm)と緩めに設定されている。フレットはゴールドEVO。
  • Pic
    ピックアップはCoils Boutique社のソープバー・タイプ(ネック)、フィルタートロン・スタイルのハムバッカー(ブリッジ)をマウント。
  • Pic
    彫金が施されたアルミのピックガードとフェイズSW兼用のボリューム、トーン、4WAYのピックアップ・セレクター。
  • Pic
    エメリーの大きな個性となる、センターにマホガニーをはさんだコリーナ・ウッドのトップ&バックと、セミホロウ構造のボディ。
  • Pic
    こちらも非常に個性的な板バネ・トレモロ+チューン“オー”マティック・スタイルのブリッジ。

Dan Orr(ダン・オー) / Diego Grinfeld(ディエゴ・グリンフェルド)

Diego Grinfeld(ディエゴ グリンフェルド) / Dan Orr(ダン オー)

イスラエルから、ロックンロールのスピリットに満ち溢れたギターがやって来た!!

ダン・オーはハイエンド・エフェクト・ペダルの設計に特化したArteffect Audioを共同設立し2008年にBonnie WahとZenith Overdriveが主要な出版物で絶賛を受け、プレミアギターのギアオブザイヤー賞を受賞し、デザイナーとして大きな成功を収めました。
2008年に、ディエゴ・グリンフェルトも、宇宙時代の材料カーボンからギターを作ることを実験し始め、2人は2010年にお互いの友人から紹介され、すぐに技術的な話が始まり、仕事上でのパートナーシップが始まりました。
プレイヤーマガジンの表紙にディエゴのデザイン「Grace」が登場したNAMM 2013の後に、Viktorianというブランド名でカーボン・ギターを開発し、完成させています。
蓄積された経験と顧客からのフィードバックを活用しつつ、伝統的な素材がダンとディエゴのデザインの主な焦点となりました。
Orfeld Guitarsの革新的なクラシックラインを取り入れたギターは、伝統的な素材や技法を現代のユニークな思考と融合させています。

ブランドが掲げる目標⋯⋯それは「顧客と私たち、その日々の生活の中に“ロックンロールの精神”を根付かせる(忘れさせない)為に、意味のある楽器を発信していくこと」
それがオーフェルドギターズのスピリットです!!

image

GUITARS

The quintessential rock & roll tool


Orfeld Guitars

Emeli

妥協無く造り込まれた
最上位機種“エミリー”

詳細はこちら
Orfeld Guitars

Ellie

セミホロウ構造と板バネ式トレモロが
特徴的なモデル“エリー”

詳細はこちら
Orfeld Guitars

Amber

弾きこむほどに鳴りが
良くなっていく事を予感させる

詳細はこちら
  • product
  • product

Emeli

  • product
  • product

Ellie

  • product
  • product

Amber